ケアレス・ミス

昨日は9時半過ぎには寝たが、夜中0時ごろから蕁麻疹が出て、目がごろごろする(蕁麻疹は治ったと思っていたのに)。この原因は完全に私のケアレス・ミスだ。

昨日はとにかく蒸して暑かったから、つい工事をしている側のベランダの窓を夜、少し開けてしまった。それは本当にホンの少しの間だったのに、網戸をしていても、微量に何かが入ったらしい。

ひどい目にあった。暑い上に、この状態。すっかり寝不足だ。ちょっとした不注意が症状に直結するから、この病気は本当に侮れない。目はまだごろごろする。眼科で工事しているのだから、眼科にも行けない。

もうひとつのミスは、通院したときに着た衣類をビニール袋に入れて、玄関に置いていたら、母親がそれを捨ててしまったこと。いつもなら外出当日に洗ってしまうのだが、なんだかんだで放置していたのだ。大失敗。

衣類にはただでも困っているのに、私が着られる数少ない貴重なブラウス、コットンパンツが消えてしまった。母は「高島屋に買いに行こう」などと、私が出来もしないことをいう。カチンと来た。けれど、母の今の症状から考えれば、仕方がないことだ。

母親だと思うから、腹が立つのだ。お互い病気を抱えた隣人と思うことにした。