CSカナリヤ闘病記-回復をめざして

アクセスカウンタ

zoom RSS 気になったセリフ

<<   作成日時 : 2013/08/20 08:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日は朝一で図書館に行った。

生活クラブ生協のお盆休みで我が家の食材が足りなくなり、駅前のTストアにも行く。ここは朝7時から開いている。そんなこんなでブログ更新しそびれた。

ほんとうは日曜の夕食後買い出し+図書館往きを予定していたのだが、食事の支度がずれこみ、『笑点』の大喜利(このコーナーしかみない)をみて笑っていたら、行きそびれてしまった。要するにでるのが億劫だっただけだけれど。

最近韓国ドラマと米国の映画のDVDを交互にみているのだが、その中のセリフでちょっと学習したことがあったので、書いておく。

韓国ドラマのセリフとは、『大物』というクォン・サンウとコ・ヒョンジョンさん主演のドラマでの話。日本ではおととし地上波放送だった、と思う。

私はこれでちょっとしたクォン・サンウ演ずるハ・ドヤ検事ファンになった。ストーリーも面白かったので、ノーカットで観たいと思い、大枚はたいてDVDを買った。

そうしたら、このドラマをyoutubeが無料配信し始めた。なんだか損をした気分になった。それはともかくyoutube版の第一話を見たところ、字幕がそれぞれで違うことを発見した。

翻訳者が違うわけだが、たとえば主演二人が初めて出会う場面でのセリフの訳仕方がまず違う。ここはなかなか素敵な場面なのだ。

ハ・ドヤは検事になる前はどうしようもない不良高校生であった。その不良にコ・ヒョンジョンさん演じるソ・ヘリム(のちに韓国初の女性大統領となる)が言うセリフ。「高校生の女ったらしか」。

私の持っているDVDではそう字幕スーパーが出る。ところがyoutubeでは「高校生のジゴロか」になっている。コ・ヒョンジョンさんの口をみていると「ジゴロ」と言っているように見えるが、私は韓国語がわからない。

元同僚Mさんは韓国に留学し韓国語の本まで出している人である。ほんとうはどっちのセリフがぴったりくるのか。電話して聴いてみた(こんなことで電話する変人は私くらいか)。

「女ったらし」と「ジゴロ」とどっちがどうでも、意味は通じるし、どうでもいいような話のような気もする。類語辞典では一緒に扱われていそうだ。が、尋ねてみた。

Mさんは早速youtubeの動画をチェックしてくれて、メールをくれた。「訳としては女たらしよりもジゴロの方が意味的にも近いと思いますね」との見解。なるほど。

ちなみに手元にある電子辞書の広辞苑によるとー
「おんなたらし」女をだましてもてあそぶこと。それを常習とする男。
「ジゴロ」女にたかって生活する男。男妾。ひも。
とある。

ストーリーから言うと、ハ・ドヤは「女たらし」だ。高校生の分際で年上の奥様方にちょっかい出すが、「ひも」ではなかった。

次のセリフはアメリカ映画。『幸せになるための27のドレス』。たまたまテレビでみて、面白かったので、1000円を切っていたDVDをアマゾンで買った。

そこで聴いたセリフ。こちらは英語で聞き取った。「僕は以前のようなヴィーガンではないけれど、菜食主義者ではある」。この間から再三書いているヴィーガンがセリフに出てきた。ヴィーガンほど厳格(strict)にはしていないけれど、ベジタリアンではあるということを言っているのである。

英会話とヴィーガンカフェの相乗効果で、生きた英語に触れた。





幸せになるための27のドレス 特別編 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2008-10-16
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幸せになるための27のドレス 特別編 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

気になったセリフ CSカナリヤ闘病記-回復をめざして/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる