CSカナリヤ闘病記-回復をめざして

アクセスカウンタ

zoom RSS 紀野一義著『法華経を読む』より。

<<   作成日時 : 2015/11/25 20:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

紀野一義さんの

著書『法華経を読む』から。

・・・・・
たとえば、「常懐悲感 心逐醒悟」(じょうえひかん しんすいしょうご)常に悲観をいだいて、心ついに醒悟す)というような宝石のような短い一句がきらめいて、読む者の心に衝撃を与え、立ち直らせる。悲しみを大切に抱いていると、それによって心が遂に目をさまし、悟りに導かれる、というようなことを、さりげなく法華経は教えるのだ。
・・・・・

モーツァルトの音楽みたいだ、と思ったので、ひろってみた。

今日素晴らしいモーツァルトを聴いた。それについてはまた書けたら書きます。
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「法華経」を読む (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

紀野一義著『法華経を読む』より。 CSカナリヤ闘病記-回復をめざして/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる