年の瀬へ。

とうとう

12月が来てしまった。

12月がくるのがいやだった。

母が生きていた2015年が過ぎるのが嫌だった。

ただ、それだけ。