CSカナリヤ闘病記-回復をめざして

アクセスカウンタ

zoom RSS ご多分にもれず「花晴れ」続編希望。

<<   作成日時 : 2018/06/29 20:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

たしかに、

たとえば、テレ東が昼に放送している米国のドラマは最終回でも次シーズンの放送が決まっていたら、え、その続きは?というところで期待させておいて、ばしっと終わらせる。

『ハワイファイブオー』も『私はラブ・リーガル』もそうだった。後者なんてシーズン1の最終回は、いるとは知らなかった夫が突然現れたところで終わった。

かの国の放送スタイルが、シーズン1と2の間にどれくらいのタイムラグがあるかしらないが、そういう連続性をもたせて、シーズンごとにおわっている。でもそれはまたネクストシーズンがありますよというサインでもある。

だとすると、花晴れも「それから」を晴と音に9回も言わせておわったのだから、「それから」×9回のその後を、半年後とか1年後に放送すべきではないのか(な)。

視聴率的には二桁とれなかったそうだけど、ネットでの反応は春ドラマで一番だったようだし、晴を演じた平野くんが所属するキンプリが歌った主題歌は上半期オリコンチャートの新人部門第1位で、しかも新人で50万枚以上CD売り上げたのは歴代2位の記録とか。話題性には事欠かないのでは。

今日読んだネット記事によると、晴を演じた平野くんの目標は「いつか紅白にでたい」ということだそう。それは今年当確だろうと確信しているひとりだ。ジャニーズの新人でこれだけCD売ってNHKが選ばない理由を探すほうが難しいような気がする。

TBSさまに切にお願いしたい。視聴率だけにこだわらず、続編は作ってください、と。上述した『ラブリーガル』も後半はあまり視聴率がよろしくなかったそうだが、シーズン5まで作っている。そこまでは望まないから(当然)、神尾葉子さんの原作漫画が完結した暁にはもう一度同じ主軸メンバーに集結してもらって続編をつくっていただきたい。あの「それから、それから」の続きをみせてください。

ゆうべ、神楽木晴(かぐらぎはると)を演じた平野君がKing & Princeのひとりとして、主題歌『シンデレラガール』を歌って踊っているのをはじめてテレビでみた。私にとっては、晴がキンプリの平野くんを演じているようにみえた。これがドラマから入ったものの特徴なのだろう。下積み10年とナレーションがあったけど、ということは、12歳くらいから下積み生活していたのだろうか。

とにかく、私は杉咲さんと平野君がふたりで作り出していった「花晴れ」の音と晴の世界がとてもとても好きだ。もう一度二人の演技をみたいのだ。

花のち晴れ~花男Next Season~ DVD-BOX
TCエンタテインメント
2018-10-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 花のち晴れ~花男Next Season~ DVD-BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



月別リンク

ご多分にもれず「花晴れ」続編希望。 CSカナリヤ闘病記-回復をめざして/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる