週末雑記。

土曜日。午前中仕事を片付ける。仕事ひと段落し定年退職するという元同僚に電話してみる。10年ぶりに話した。雇用延長できるところだが茨城と横浜を遠距離介護していて仕事を続けたいけど無理だろうという。二人のお子さんが私学の大学に行ったので、学費だけで1200万円かかったそうだ。だから、とてもお金なんてたまってない。本当は65歳まで働きたいけど、親の介護問題があって…との話。こういうことが社会問題となっていることは新聞やネット記事で知っていても本人から聴くと唸ってしまう。やっと子どもを育て上げたところでまったなしで親の介護。

3時過ぎ図書館に行く。近所の紅茶とパンの専門店でサンドイッチを買っていく。図書館のロビーで食べる。これまでは図書館のロビーで食べるサンドイッチはスタバで調達していた。スタバのマリボチーズとハムのサンドイッチをあつあつに温めてもらったのが好きなのだ。今回は近所で調達。キャロットラペがおいしい。夜は本読んだり音楽を聴いたり。

聴いたCD。
ベートーヴェン:三重協奏曲 他 - エマール&アーノンクール
ベートーヴェン:三重協奏曲 他 - エマール&アーノンクール

これはベートーヴェンの作品としては評価が分かれているところらしいがやっぱり聞かせるし流していると豊かな気持ちになる。


読んだ本。
津島佑子: 土地の記憶、いのちの海
津島佑子: 土地の記憶、いのちの海



日曜日。マラソンの男子のほうをみていたら元同僚から電話。彼女は美輪明宏さんのファン。池袋芸術劇場のコンサートにいったら美輪さんの体調不良でコンサートが休止。がっかりして池袋から横浜に戻った、と。「ラジオやテレビのニュースで朝から報道してたよ」と言うと「知らなかった」。それはお疲れさまでした。昨日電話した彼女とも親しいので彼女の介護が落ち着いたら3人で会いたいねと話す。

電話切ってまたマラソン。波乱の展開でみているほうには面白かった。

夕方。大好きなテレ東ドラマ『きのう何食べた』の1,2話が再放送された。ちょうどこの回を録画しそびれていた。メイキング映像も流してくれてうれしかったあ。18日ブルーレイが発売される。もうちょっと安くなってから買うかどうか考えよう。

夕食後必要なものがあって駅前の東急ストアに買い物にでる。涼しくてストアも空いていて久しぶりにすいすい歩けた。

夜はこの本を読み始める。
子どもへのまなざし (福音館の単行本)
子どもへのまなざし (福音館の単行本)

いい本だ。佐々木先生とは現場で働いていた時に何度かお会いしたことがある。温和で腰の低い方だった。私みたいな生意気盛りの新米心理士しの質問にも丁寧に答えてくれて一緒に考えてくれた。もちろん患者さんとその家族にも親身に接する小児科医だった。2017年に亡くなられた。