児玉真美著『殺す親 殺させられる親 重い障害のある人の親の立場で考える尊厳死・意思決定・地域移行』を読んで。

ちょっと前に読んでいた本。実は1度では消化しきれないほど重い内容なので涼しくなったらもう一度読もうと思っている。だからレビューも感想もきちんとは書けない。 まずタイトルにぎくっとさせられる。 殺す親 殺させられる親――重い障害のある人の親の立場で考える尊厳死・意思決定・地域移行 いずれゆっくり感想を書きます。 さ…

続きを読むread more