skypeでの英会話。

昨日から、Skype英会話を本格的に始めた。とりあえず12回のコースをとったので週1回受講して3か月。今年いっぱいの学びだ。

初回も、トライアルで教えてくれたLA在住の先生を指名(指名制)し「初級フリートーク」で申し込んだ。その都度フリートークか、日常会話か、ビジネス英語かを選択できるのだ。

自宅近くの英会話教室に通っていた時も、基本はフリートークだったけど、ネィティブとの1対1だと間が持たなかったり、会話が続かなかったりする。とくに私は持ちネタというか、トピックスがないから、話が続かない。もちろん英語力も乏しいからでもある。

なのに、フリートークに挑戦したのは、R先生がアメリカでサイコセラピストのライセンスを取った人で、私と近しい仕事をしているからだ。英語力は横におき(おけないけど)、米国の最新のpsychological issueを聴いてみたかったのだった。

昨日は私の仕事の領域であるADHDとAutismについて聴いてみた。先生はとてもこのテーマに興味/関心が高いようでいろいろ話してくれた。時間はあっという間に経ってしまい「あのー時間が過ぎてますけど」と私が先生に伝えるという始末。

「続きの話をぜひしたい」ということで合意した。R先生が「なにか私が調べておくこと、宿題ありますか」というので、私に宿題かと聞き返してしまった。先生がいろいろ調べてくださろうとしてくれたのだ。とっても優しい素敵な方だ。もちろん臨床の話をしながらも、私の発音や文法も直してくれる。

私からの質問はたどたどしい英語であってもなんとか通じていたが、問題は先生から逆に質問されたとき。うまく答えられなかったのが悔しい。英語って3年ブランクあると話せなくなるのだなあ(って、その時もうまいわけではなかっったけど)。簡単な単語もでてこない。これはたぶんすでに私が初老で加齢が始まっていることとも大いに関係している、と思う。

来週まで予習しておこう。もう一回チャレンジだ。
IMG_20191018_200751.jpg