『花晴れ続編』はないのか!?

去年の夏ごろブログで「続編を~」と叫んでいたTBSドラマ『花のち晴れ』の続編はもう絶望的だな、というニュースが昨日出た。花晴れの主演だった杉咲花さんが来秋のNHK朝ドラのヒロインに選ばれたからだ。 あ~あ。花晴れ続編を希望するファンの活動はTBSに届かなかったかあ。なんなら自民党の小渕優子議員にロビー活動すればよかったのかもなあ、…

続きを読むread more

月並みですが秋の夜にミステリー。

昨日午後から読みだしたらやめられなくなり、一気読みしてしまったミステリー小説。 サイコセラピスト (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) どうなるんだ、どうなるんだ、とページをめくる手を止められなくなる。が、終盤になり、なーんだ、と。これは結末はクリスティの『アクロイド殺し』ですな、と。でも、終盤までは犯人探しの展開に目が(手…

続きを読むread more

ひと休みすることに。

興奮して疲れたので一休みすることにした。 これを聴いて。 ベートーヴェン:チェロ・ソナタ全集 - ヤニグロ(アントニオ) かつてウィーンの三羽烏といわれるピアニストたちがいた。フリードリヒ・グルダ、パウル・バドゥラスコダ、イェルク・デームス。グルダは2000年に鬼籍に入った。ことしになり、バドゥラスコダとデームスがあい…

続きを読むread more

至福の時。

私は、zozotownで一度も買い物したことないしサイトすらのぞいたことがない。前澤さんという人は(よくわからないけど)格差社会の頂点にあがった人で贅沢が好きでときどき市民にお小遣い上げたりする位にしか思っていなかったけど、 日本でPGAを開催してくれて「ほんとうにありがとうございました」。 しかも、結果ウッズの歴史的な優勝…

続きを読むread more

ウッズVS松山。

フェアウェイを滝のように雨が降っていたのによく今日あれだけのグリーンに戻した。すばらしいスタッフ。さすがにギャラリーは入れられなかったそうだが日本初のPGAツアーが開催された。無観客での試合ってちょっと異様だったけど、13年ぶりに来日したウッズはさすが。マスターズでもしびれたけど、今日もそんな出来。うまいなあ、と思う。 松山も日本…

続きを読むread more

雑談。

「雑談」というのはほんとうに大切だと痛感する。病気で仕事を辞めたときにまずそう思ったし、母が亡くなってからはますますそう思う。 だから職場というのは大事だ。昼休みの食堂、ちょっとした立ち話、帰り道などなどでの雑談。あれは精神衛生上大事だ。私にはそういう場がいままったくない。 母がいたときはまだ相手がいた。ひとりになってまして…

続きを読むread more

家系図

岸雅彦の『給水塔』というエッセイを読んでいたらエリック・ホッファーのことを想い出した。岸氏は学者になるまで日雇い労働で働いていたのだ。それから大学院に行き社会学者になる。 エリック・ホッファーは独学で論文を書いた。生涯港湾労働者だった。彼の自伝で感動したときのことを私はこのブログに書いている。 2015年1月19日の記事。母…

続きを読むread more

よくわかんないけど、神様ってやっぱりいるのか。

即位の儀式を見ていて、あんなに雨がざんざん降っていたのに、天皇皇后両陛下がお参りしたら、一時的に晴れ上がった。私なんて単純だから「ああ、やっぱり皇居の賢所には神がおられるのだな」と思った。その程度には神仏というものを信じている。 私は天皇制に別に賛成でも反対でもなく憲法でそうあるならそれでいいのじゃないかという感じ。とはいえ、出自…

続きを読むread more

年に1回の健康診断。

毎月2回は病院に行くのに、健康診断をいちおう受けなくてはならない。年に一回近所の総合病院の検診センターに行く。血圧測りながら目の前にある張り紙をみて「そんなことがあるんだなあ」と思ったのは、 脳ドックを受ける方で「人工毛」の方は申し出るように、とある。MRIで毛が飛び散ってしまうからだと書いてある。それを体験した人は散々なことだっ…

続きを読むread more

マルク・ミンコフスキーの指揮でモーツァルトを。

久しぶりにモーツァルトの超有名どころの交響曲を聴いた。40番と41番のカップリングで、指揮はマルク・ミンコフスキー。彼はあの『生きられる時間』を書いた精神科医ミンコフスキーの孫なのである。 若いころ『生きられる時間』というタイトルに惹かれた。 生きられる時間〈1〉現象学的・精神病理学的研究 これはこれでまた読もう。 …

続きを読むread more

雑記。

昨日から調子が悪いので、今日は雑記。 調子が悪いのは先週動きすぎたからだ。先週は、台風の余波で体調がよろしくなかったところに、火曜日は会議で外仕事、水曜日なぜか隣の隣街の本屋まで出かけてしまい、木曜日電話会議があって、金曜日は図書館で大量に本を借り、その帰り道に歩くうちに気分が悪くなり、タクシーにのる。 昨日の土曜はぐったり…

続きを読むread more

skypeでの英会話。

昨日から、Skype英会話を本格的に始めた。とりあえず12回のコースをとったので週1回受講して3か月。今年いっぱいの学びだ。 初回も、トライアルで教えてくれたLA在住の先生を指名(指名制)し「初級フリートーク」で申し込んだ。その都度フリートークか、日常会話か、ビジネス英語かを選択できるのだ。 自宅近くの英会話教室に通っていた…

続きを読むread more

こんな素敵な場所があったのね!

この近所で私なんかがお茶を飲んでゆったりできるお店がまったくなくなった、と悲しんでいた時に、あるところから絵本のあるティールームがある、と教えてもらった。それで今日早速行ってきた。 朝日新聞にこのお店の記事が載っていたのはいまさっきお店から戻ってきてから知った。 https://www.asahi.com/and_w/20161…

続きを読むread more

宮野真生子・磯野真穂著『急に具合が悪くなる』を読んで。

1週間ほど前に読んだ本。 宮野真生子さんはこの7月に癌で40代前半の若さで亡くなった。九鬼周造を研究していた哲学者だ。磯野真穂さんは摂食障害について研究した文化人類学者でまだ30代。磯野さんの本は以前読んだ。 宮野さんが亡くなる直前までの二人の往復書簡。この本の校正を「合宿して」ふたりでするはずだったそうだが、宮野さんはそれ…

続きを読むread more

一度は書いておきたかったこと。

一度は書いておきたかったこと。それはストーカー被害だ。これがストーカーにあたるだろうと専門のカウンセラーに教えてもらったのは実はつい1週間前。ことがおこったのは4年前になるだろうか。母が亡くなった後のことだ。 私はそれがとても「気持ち悪い」体験であることは自覚していたが、それを出るとこにでれば「ストーカーと認定されて」「おそらく少…

続きを読むread more

緊張がとけて。

12日から時間が止まった感じだ。昨日は緊張がとけていつの間にか寝ていた。被害にあわれた方、避難所にいる方には申し訳ないがこちらは断水も停電も家の破損もなかった。家の周りも倒木もない。おととしの台風では前の家の桜の木が真ん中からぼきっと折れた。あんな光景この目で初めてみた。 3,4日前からテレビ、ラジオから「命を守れ」と言われていた…

続きを読むread more

夜更けのご飯炊き。

首都直下地震で死ぬことは少し考えていたけど、台風で死と隣り合わせになることはちょっと考えてなかった。「命を守れ」と言われても、どうしていいか、正直わからん。 備蓄は、缶詰、水、乾パンがおそらく3日分くらいある。昨日早朝レトルトのおかゆ、ビスケット、クッキー、チョコレートを買いたした。お風呂に入れない、手を洗えないことを考えて、赤ち…

続きを読むread more

ユニークな待合の本棚。

あしかけ3年くらいかな。操体という治療を受けている。某耳鼻科クリニックで。 先日久しぶりに行って、そのクリニックの本棚みて、びっくり。私が読みたかった(けど、図書館では3桁待ち)本があったのだ。 ひとつは、恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』、もう一冊はブレイディみかこさんの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』だ。うわー…

続きを読むread more

とうとうキルフェボンのタルトを食べました!

ある時期から銀座(2丁目)で気になっていたお店。松屋から有楽町寄りに一本路地入ったところ。ちょっと目につくケーキ屋さんがあるのは知っていた。「おいしい」とも聴いていた。 が、なんでいつか絶対食べたいと思ったかというと、私の好きなドラマ『きのう何食べた』でお土産にここのケーキをもらって感激するというシーンがあったからだ。それってあそ…

続きを読むread more

やっぱりデ・ニーロがすごいけど、アン・ハサウェイもさすがだった『マイ・インターン』。

あらためて『マイ・インターン』の感想。 ネット通販で成功したジュールズ(アン・ハサウェイ)のもとにシニア・インターン制度を利用して定年退職し妻を亡くした70歳のビル(デ・ニーロ)がやってくる。はじめは使えないのだろうとバイアスかけてたジュールズ。ビルは気配り目配り心配りに加えてチャーミングな人柄であっという間に職場では若手に信頼さ…

続きを読むread more

母が好きだったハイフェッツで。

先週デ・ニーロとアン・ハサウェイが共演した『マイインターン』がようやく地上波で放送されて私のようなBSみない、映画館行けないものがやっとその恩恵に浴せた。 よかった。とっても。ほっこりした。害がなくていい。悪い人がいない映画は病人にはほんとうに向いている。 マイ・インターン(字幕版) さて、ちょっと前に書いていた「わた…

続きを読むread more

うん、そうだと思った。

この辺境ブログの訪問者、多いときは160人近くいてくれた。私はそれで俄然「書く」「書き続ける」という意欲がわいた。 なにしろ少ない日で100人、多い日で168人も訪問者がいるとアクセス解析にでてくる。そりゃ1日500とか、1000とか訪問者がいるブログなんてざらなんだろうけど、このせまーい中身もないブログにそんな来てくれるのかあ、…

続きを読むread more

コンビニの接客態度に仰天。

週に何度かコンビニに行く。以前はコピーを取るかミネラルウオーターを買うくらいしか寄らない場所だった。母が亡くなりなんの気力もなくなったころから、夕食は、外食(といっても決まった店)、コンビニのおにぎりなどを利用するようになった。 この夏は調理する気力が失せ、家で火を使っての調理なんてとんでもないという日がたびたびあり、とうとう…

続きを読むread more

消費税駆け込みで買った本。

消費税がアップして今日で5日目。わけのわからない税のかけ方であることは少しずつ体験。イートインとテイクアウト、コンビニは食料品を買ってもなんでもキャッシュレス還元で2パーセント戻ること、大手スーパーはキャッシュレスでも還元はないことなど。 税率アップ前、本なんてポイント還元はないだろうと、駆け込みで本を3冊買った。 こどもの…

続きを読むread more

エンタメ三昧。

もう2年、大好物のお刺身、お寿司を食べていない。漢方内科の先生が「やめておいたほうがいいでしょう」というので。あー、食べたい。もっとおいしいもの食べたいよお。 さて、最近の私なりのエンタメ話題。 キアヌ・リーヴスが来日していたらしくテレビでインタビューをみた。いい人だあ。テレ東では『ジョン・ウィック』を2日続けて放送した。 …

続きを読むread more

あの英語について。

10月15日からSkype英会話のレッスンが始められる。 支払いしてからちょっと間があるのが「?」だけど、この閉塞感ある毎日に異文化に触れるのはいいことだと思う。 英語と言えば、最近話題になったsexy発言。普段読んでいる英語研究者のブログもこれに言及しているものがあった。まず発音の聞き取りに食い違いがあるのを発見。…

続きを読むread more

図書館に行くのは体を動かす一歩。

昨日は1日休んだ。からだを休めないといけないと思う日がある。夕食後涼しくなったようなので図書館にでかけた。リクエストしたい本があった。 哲学者宮野真生子さんと文化人類学者磯野真穂さんの往復書簡集。宮野さんは今年の7月に癌で40代で亡くなった。朝日新聞にこの本の記事がでたときは私の住んでいる区には所蔵がなかったが選書していた。近々入…

続きを読むread more

疲れる。

今日は10月1日。下半期の始まりで今年もあと3か月。疲れたなあ。下半期に提出する書類は書く気が起こらないのでしばらく置いておく。はあ。からだがとにかくだるい。頭がもやもやする。 「暑さ寒さも彼岸まで」なんて昔の話だよね。今日も「30度近くなるから気を付けるように」って朝の天気予報で言っている。夏の酷暑に比べたらさすがにからっとした…

続きを読むread more