今朝のぼやき。

ゆうべアップした映画の感想記事を今朝読み直したら、「滑舌」が「活舌」になっていた。

このPCの変換機能に文句いいたい。「活舌」なんて辞書にないんだからさ、ちゃんと「滑舌」がトップに来るようにしてくださいよ。滑舌なんて普段書かないのだから、「活舌」で覚え込ませているわけもないんだしさあ、と。

ただでも文章下手なんだから、漢字変換くらい助けてくださいよ→PC。PCの問題なのか、MSなのか、プロバイダーなのかわかんないけど。いずれにしてもお願いします。

きのうの朝久しぶりにバレンボイム指揮振りでオケがイギリス室内管弦楽団のモーツァルトのピアノ協奏曲をFMで聴いた。17番だ。このCDは傑作の呼び声が高くて、たしかに素晴らしい演奏だった。ど素人が言うかって感じだけど。

若かりし頃のバレンボイムだ。

モーツァルト:ピアノ協奏曲第13番&第17番 - バレンボイム(ダニエル), モーツァルト, バレンボイム(ダニエル), イギリス室内管弦楽団, バレンボイム(ダニエル)
モーツァルト:ピアノ協奏曲第13番&第17番 - バレンボイム(ダニエル), モーツァルト, バレンボイム(ダニエル), イギリス室内管弦楽団, バレンボイム(ダニエル)

でも、個人的にベストは、ゼルキン&アバド、LSOの演奏。

梅雨は長いし、感染症は収束する気配もないし、収束するようにしようとする政策もみえてこないし。

誰かが上からわたしの生活をみていたら「なんて孤独でかわいそうな生活」と思うだろう。とくに親がそう思うだろう。そう話したら従姉が「もっと不幸な人がいるよ」という。母のほうの縁戚の人々は基本こういう考えだ。母の口癖は「上をみたらキリがない、下をみたらキリがない」だ。