雑記。

一昨日は珍しく22時まで仕事(書き物)をしていた。昨日は5か月ぶりにいつも行く美容院に行った。この間行った1200円カットがあんまり切ってくれなかったので、さっぱりした。

いま職場に提出しようと書いているものがどうもピンとこない。書いている内容が、ピシッと来ない。むかーしむかーしだけど、ある学会誌の査読論文に投稿した時のことをオフィシャルなものを書くと思い出す。査読者から「文献の理解がおかしい」と「再提出」のコメントで指摘されたのだ。それから「あ~わたしはたぶん文献とか本とかの理解がだめなんだろうなあ」というのがからだに沁み込み、戦意(?)も失せた。

その指摘以降、数冊本の分担執筆しているけど、編者の先生方からそういったクレームが入ったことはない。けど、わたしみたいなネガティブ人間は、褒められるより「あんたのここがだめ」と言われたことのほうを、いつまでもいつまでも根に持つ。わたしの本の読み方がおかしいことは事実と思う。

昨日はまた夜から具合が悪くなり、20時過ぎに寝た。食べるとお腹が痛くなる。腰も背中も痛い。正直言って、身寄りもないし、財産もないし、死んだっていいんだ、とは毎日思っている。

だけど、死なないでいよう。いまのところは、と思っている。こんな内容で終わったら寂しいブログになるから、最近みたyoutubeから。

Chopin: Piano Concerto No.1 / Argerich Dutoit NHK Symphony Orchestra (1996 Movie Live)
 https://www.youtube.com/watch?v=SW5dOtzd4m4

デュトワさんとアルゲリッチさんが元夫婦なのは有名な話。この演奏会のころは「和解」した後だろう(だから共演しているわけで)。ショパンのコンチェルトのCD録音は二人でたぶん数回しているのではないか。CDでは何度も聴いたほうだけど、こういう演奏会、しかもN響で(!)のをみられるなんて。UPしてくれた方に感謝。

アルゲリッチが何か言いたげだ。合間にふたりで何か話している。N響のコンマスが若い。名前が思い出せない。

アルゲリッチが若いころ、あがり症で、ほんとうにコンサートが嫌いで、楽屋から出てこなくて、マエストロ小沢が説得した逸話は青柳かおるこさんのエッセイで読んだ。青柳さんのエッセイがこれまた面白いのだ。しばらく読んでないなあ。

N響は、今月17日に無観客で演奏会を再開。ライブでFMで放送されるのだそう。