相変わらずの雑記・雑文。

蝉が元気になってきた。昨日は寝苦しかった。なんども起きた。深夜は日テレが以前から観たかったフランス映画『最強の二人』を放送した。録画しておいたけど、何度も夜中に目が覚めたので、少しみた。

想像以上に面白い。今朝朝食食べながら頭からみたら(まだ途中だけど)音楽がいい。アースウィンド&ファイアーの「セプテンバー」からショパンのノクターン1番という流れがとても新鮮だった。これふたりの趣味の違いを表しているという選曲みたい。

そんなわけで、今朝はPCに向かってから「ノクターン1番」をユンディ・リの演奏会からyoutubeで視聴。

YUNDI LI Chopin Nocturnes Op.9 No.1, 2 & Op.48 No.1
https://www.youtube.com/watch?v=4obAjW07-tg

さすがに美しい演奏である。増田明美さんの解説みたいな小ネタだけど、いまをときめく香川照之さんの母上であるところの浜木綿子さんが彼のおっかけだったと記憶する(「徹子の部屋」で以前聴いた話)。

わたしは積極的には彼の演奏を聴かないほうだけど、日本では一時アイドル的な人気があった、と思う。

日曜日に吉松隆さんがFMで「クラシック音楽を聴き始めるには何から聞いたらいいですか」と時々聞かれるという話をしていた。以前ならモーツァルト、ベートーヴェン、ショパンと言っていたけれど、デジタルミュージックに慣れてきた最近の人々には「ドビュッシー、ストラビンスキーなどを勧める」と話していた。なるほどなあ、と思う。

きのうはあれこれ買ったり、クリーニング屋さんにコートだしに行ったりで、エコバッグ二つぱんぱんにして、のそのそ歩いた。いくつかお店をはしごしたので、足跡がたどれるように記録を残す。

日曜日の夜はどちらをみよう、というか、どちらを録画にしようか迷った。『劇場版おっさんずラブ』と『半沢直樹』。「テレ朝、半沢にOLぶつけてきたか!」という感じだった。迷った末に、前者を録画し、後者をリアタイ視聴した。

ネット記事の受け売りだけど、どちらもSNSでトレンド一位を席巻したドラマである。近年の日本のドラマを代表する2作といっていいだろう。1話から好調の半沢も「視聴率落ちるだろう」と予想していた。

大外れ。半沢がまた視聴率伸ばし圧勝であった。ついでに大相撲も照ノ富士関がけがと病を克服し5年ぶりの復活優勝.誰も予想していない展開だった。朝之山関は準優勝。千秋楽で正代に勝ったのでよかった。正代のあの感じもわたしは好きだ。