マイケル・J・フォックスの2本。

マイケル・J・フォックスといえば『バック・トゥ・ザ・フューチャー』なのだろうけど、もう一つ人気なのが「バラ色」の2本じゃないのかな。久しぶりに深夜地上波で2週連続で放送されたので録画しておいた。

『摩天楼はバラ色に』
摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に (字幕版) - マイケル・J・フォックス, ヘレン・スレイター, リチャード・ジョーダン, マーガレット・ホイットン, ハーバート・ロス, ジム・キャッシュ, ジャック・エップス・Jr, A・J・カロザース, ハーバート・ロス
摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に (字幕版) - マイケル・J・フォックス, ヘレン・スレイター, リチャード・ジョーダン, マーガレット・ホイットン, ハーバート・ロス, ジム・キャッシュ, ジャック・エップス・Jr, A・J・カロザース, ハーバート・ロス

『バラ色の選択』
バラ色の選択 [DVD] - マイケル・J・フォックス, ガブリエル・アンウォー, アンソニー・ヒギンズ, バリー・ソネンフェルド
バラ色の選択 [DVD] - マイケル・J・フォックス, ガブリエル・アンウォー, アンソニー・ヒギンズ, バリー・ソネンフェルド

80年代後半から90年代初めに公開された作品で、どちらもマイケル・J・フォックス演じる主人公の立身出世(古いな。サクセス・ストーリー)のラブコメ。この頃はいまから考えたら、PCに引っかかりそうなセリフがちょっとある。

『バラ色の選択』で相手役をしたガブリエル・アンウォーは『セント・オブ・ウーマン』で、アル・パチーノとタンゴを踊ったひとみたい。とにかく2本とも
マイケル・J・フォックスがチャーミングで、それをみるだけでも楽しかった。あと、今回久しぶりにこの2本をみて気づいたのだけど、彼はジョディ・フォスターと目のあたりがよく似ている(などと思うのはわたしだけ?)。

追記
ググってみたら、やっぱりマイケル・J・フォックスとジョディ・フォスターが似ていると書いているブログがいくつかあった。