よく歩きました。半年ぶりに図書館も。

きのうは4丁目にある(4丁目って言ったって銀座じゃないですよ。匿名で書いててどこの4丁目なんだよって、はなし)日立の電気屋さんに洗濯機の糸くずフィルターを買いに行き、その通りにある、いつも行くパン屋さんでパンを買い、その足で図書館まで行った。

こんなに長い距離を歩くのも、図書館に行くのも、半年ぶりである。よく歩いた!

図書館はやっぱり空いていた。予約していた雑誌をコピー。昨日図書館のコピー機は遅いなどと書いたが、新機種を導入していて、サクサクいった。本の消毒器も最新式になっていたし、空気清浄機も入れていた。個人的には空気清浄機より窓を開けたほうがベターなのではないかと思う。

久しぶりにみる図書館のスタッフのお顔。

法律時報 2017年6月号 1112号
行政間の“法的紛争解決手続"と政治過程
法律時報 2017年6月号 1112号
行政間の“法的紛争解決手続"と政治過程


必要なページは全部コピーできた。

帰りも歩いて帰ってこられた。よし、よし。

そうそう、昨日のブログの追記として。江原由美子さんの「ミソジニー」についての解説記事を(江原先生は国大にいらしたのか)。
‟「ミソジニーって最近よく聞くけど、結局どういう意味ですか?それは単なる「女性嫌悪」なのか”(現代ビジネス)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70296

今朝の新聞、拾い読み。
全3回の連載記事「実像 菅義偉首相」。
‟派閥を否定し、利用した 菅氏を頂に押し上げた数の論理”(朝日新聞デジタル)
https://www.asahi.com/articles/ASN9K7D2VN9GUTFK03D.html?ref=mor_mail_topix1

読んでいたら一句浮かんだ(!?)。「パンケーキくるんでみせた冷徹さ」。
時事川柳ですな。お粗末でした。