読む人が少なければ…。

N先生が、読む人が少ないからとブログをやめて、別のブログを立ち上げた話。 だったら、わたしなんて書いてないなあ、とっくに。なぜ読んでくれる人が多くもないのに、いまふたたび書いているか。それは自分が何かを遺しておきたいからだ。なにもない人生に何か一つわたしなりの記録が残したいのだ。 少しでも気が緩むと、死にたい病がでてくる。そ…

続きを読むread more