テーマ:映画・テレビ・ラジオ

『あさが来た』。

ご多分に もれず、『あさが来た』を楽しみに見ているひとりである。 私が朝ドラを楽しみにするというのは『花子とアン』以来だ。 最初はふたつの理由でみていた。 1番目。主人公あさのモデル広岡浅子が大同生命の創業者のひとりだから。大同生命の厚生事業団からは、元気なころ研究費を頂戴したことがあるから。あの審査にパスした時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

insomnia?

不眠症までは 至っていないと思うのだが、この1か月くらい、寝入りが悪い。熟睡できない(それもあって昨日は上野に行ったのだが)。 眠る前に、テレビを見ない、PCをみないは私の病気には大事なことで、それで私はラジオ中心の生活だった。 しかし、どうも寝られず、寝入りばなにテレビをみるようになってしまった。だいたいは報道ステー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FMのライブから。

現在 ピアニスト、マレイ・ペライアが来日中。ベルナルド・ハイティンクが指揮するロンドン交響楽団との共演で、一昨日はモーツァルトの協奏曲を川崎で、昨日はベートーヴェンの4番の協奏曲をNHKホールで弾いた。 昨日の演奏はNHK音楽祭でのプログラムだったので、FMからの生放送があった。いやー、もう素晴らしかった。 つい先日私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛するティル・フェルナー

去年の 5月に下記のような記事を書いた。 「現代の貴公子」 http://cscanary.at.webry.info/201405/article_15.html オーストリアのピアニスト、私が愛するティル・フェルナーのN響との共演について書いていて、最期に次に共演するときまで回復すると書いている。 ところが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nスペをみて。

20日に 放送されたNスペ。「老衰死 穏やかな最期を迎えるには」。 http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586682/index.html 最初の場面で一度みるのをやめて、チャンネルを変えた。正視できなかった。お年寄りが息を引き取る間際の映像だったからだ。 それでも気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年雑記

以前 いつもカットしてもらう美容師さんが、スポーツ好きが高じて、商売道具の利き腕を骨折したことがあった。半年は仕事復帰できないと聞いていたのに、受傷から2カ月くらいでハサミをもっていた。「なぜこんな早く復帰できたの?」と尋ねたら、「牛乳をガンガン飲んだ」と、彼女は答えた。 流動食しか摂れない経管栄養だったはずの老母の骨折を手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長く待った本。

8月2日に 予約していた本がやっと借りられることになり、図書館に行った。最相葉月著『セラピスト-Silence in Psychotherapy-』(新潮社、2014)。 著者は著名なノンフィクション作家だそうだ(恥ずかしながら、1冊も読んだことがない)。この本を書くためになんと臨床心理士養成課程のある大学院に通い(注:科目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『英国王のスピーチ』のこと。

一昨日の 英会話での私のwhat’s new?は『英国王のスピーチ』を観た話(DVDを送って下さったI先生、改めてお礼申し上げます)。 驚いたのはレッスン仲間が誰一人シンプソン夫人というアメリカ女性によって王位を捨てたイギリス国王がいたという話を知らなかったこと。D先生もこれには同様に驚いていた。 私より年上の女性も知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記

台風が 近づいているからだろう。昨日から頭がじんじんする症状が久しぶりにあり、早く寝ようと思ったが、結局家事、仕事、介護で、寝床に入ったのは、22時過ぎだった。 今朝は8時まで寝ていようと決めていたが、結局5時に目が覚めて、母の部屋を巡回(?)し、二度寝して、8時に起きると決めても、結局、6時半に起きた。 長い闘病生活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

処暑

ここ数日 この辺境ブログのアクセス数が通常の倍に跳ね上がっている。どなたかが熱心に過去記事を読んでくださっているようだ。ありがとうございます。 しばらくまた更新をしていなかった。なんだかんだ追われていた、というのもあるが、大きな理由のひとつは、私がブログを更新していた時間帯に韓国ドラマを見ているからだ(なんだ、それ)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな感動。

ゆうべ テレビでN饗定期公演をみた。 「ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番をやるから」と母に話したら、「一緒にみる」と最近にしては珍しいことを言う。母のアクオスで鑑賞する。画面がきれいだ。私のおんぼろテレビとは大違いだ。 指揮はアシュケナージ。ソリストはベフゾド・アブドゥライモフ。ウズベキスタン出身のピアニストで、23歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あべちゃんissue

このブログも 思うようにはアップできなくなった。物理的に書くのが難しかったのと、書く気が失せたという日もある。 毎日毎日いろんなことがある。アンガー、エンザイエティ、サッド、ディスアポイントメントな感情が常に錯綜する。 ちなみに、この単語をカタカナで書いたのは、私の英語がカタカナ英語だからです。はい。 それで、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「のだめちゃん」再々(何度か不明)放送記念。

『のだめカンタービレ』が また再放送されている。 あのドラマのミソはベートーヴェンの交響曲7番や悲愴というところになっているのだろうが、もっとも重要な曲はモーツァルトの『2台のためのピアノソナタ』である。 あの曲がどんなに素晴らしいかを再認識させてくれた。あのドラマに感謝する。そんな記事を過去に書いているのでここに再度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅シロップの水割り

雷鳴が とどろいた昨日の夜。あんな雨と雷の音では音楽は聞けない。それで本を読んでいた。 21時からはNスペの認知症特集をみた。興味深い内容ではあったが、深みがなかったのが残念だった。しかし、アルツハイマー型認知症であっても、薬物療法ではなく、人とのかかわりで、改善がみられるということを映像を通して知る意義があった。 N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新番組

ゆうべから カルチャーラジオ(NHK第二)でこんな番組が始まった。 『モーツァルトが出会った音楽家たち ~ピアノとクラシック音楽の発展』 http://www.nhk.or.jp/r2bunka/ch03/1407.html 第一回を聴いた。モーツァルトがどんな人から、どんな曲からinspireされたのか。これから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記

借金もないのに、 今朝は首がまわらない。寝違えたのだ。枕の高さを変えたとたんにこれだ。こうなると頭痛もしてくる。 今日は友人が我が街まで会いに来てくれるから、なんとかやり過ごしたい。 この私でも毎朝楽しみにしている『花子とアン』。魅力の要因を探っている記事が今朝ニュースサイトで紹介されていた。 ↓ 「『花子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑感

『花より 男子』というTBSのドラマを闘病してから再放送でみた。以来このドラマが大好きになった私。再放送されるたびにみてきた。 ということで、井上真央さんと松本潤さんが結婚するのは賛成である(!?)。喜ばしいことである。ほんとうかどうかしらない(私が真相をしっているわけがない)。今朝ラジオでそういう「うわさ」がでていると言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代わりに泣いてくれる曲

昨日から とにかく不調。ゆうべは頭後神経痛(間違えた。後頭神経痛)と両膝の関節痛でほとんど寝ていない。 とっても泣きたい気持ちだったけれど、今朝の『音楽の泉』でベートーヴェンのラズモフスキー第一番がかかって、そのむせびなくような弦楽の響きを聴いていたら、私のかわりに泣いてくれるようで、私は泣かずにすんだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜が満開の4月1日

いまの 日々の楽しみといえば、『花より男子』の再放送をみることだろうか。昨日からシーズン2が始まった。ああいう肩の凝らないドラマが一番私は性に合う。 のだめの樹里ちゃんが数年ぶりに連ドラ主演するとしきりに宣伝しているけど、22時過ぎの放送。みないんだよね。その時間帯。私のような病人はー。それよりのだめをまた再放送してほしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二度と来ない日のために。

こんな 仕事をろくにしていない私でも、年度末だからなのか。それとも、大震災の年に何があるかわからないと預けた3年ものの定期預金が満期になったからなのか。なんだか気が抜けた。本を読む気も、仕事を(書き物がある)する気もおきない。 昨日は1日頭痛でひどいめにあった。世の中は春休みだ。 『花より男子』が再放送(何度目の再放送…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記

ここのところ、 自分の忙しさで、とはいえ、世の中の動きには何ら影響しない忙しさ、生産性のない仕事ではあるが、世の中のあれこれで聞きかじっていて、気になったことを、書き留められずにいた。 いくつか書いておこう。 まずは、このニュース。3月1日東京新聞デジタルより。 「組み換えマウス管理不備 京大iPS研 山中所長が謝罪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さて、結果。

今日は なんともことばにならない朝である。 ゆうべ9時半に寝て、1時半に目覚ましをセットしておいた。が、私は目覚ましをかける習慣が(発病以降)ないので、目覚ましのスイッチがオフのままだった。 目が覚めたのは2時半過ぎ。うー。痛恨。 今朝から4回真央さんのフリー演技をカットなしでみた。彼女のメンタリティがすごい!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティル・フェルナー登場!

あー からだに悪い。競争する姿をみているより、協奏曲を聴いていたほうがいい。それでも私はまだあきらめていない。 が、今日はcompetitionの話題は避けて、concertoのはなしにしておく。 ゆうべのN饗定期公演は指揮にサー・ネヴィル・マリナーを迎えてのオール・モーツァルト・プログラム。 マリナーと言えば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉症?

今朝は ひどく目がごろごろして、かゆい。今月に入ってから、いわゆる花粉症のような症状がでている。朝はひっきりなしに鼻をかんでいる。 勘違いされることが多いのだけれど、CSというのは花粉症のようなアレルギーとは異なる。合併している人は多いのだろうが、私は目のかゆみ、鼻水などはほとんどなかった。CSは中枢神経にダメージを与える。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯たんぽかかえて

あー これだけ寒くなると、関節が痛む。神経痛みたいな症状が出るし、頭はふらふら、じんじんするし、困る。 昨日の夜ずいぶんと調子が悪かった。熟睡できていない。 昨日午前中は湯たんぽをかかえて、手紙を書いていた。何度か書き直して気づいた。私の文章はくどい。だから、いつもそこから削る作業が入る。修士1年ではじめて学会発表をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気骨

それが 放送されると知ってから、指折り数えて待っていたのだ。中学生のころ銀座で観た映画『タワーリング・インフェルノ』。ノーカットで、前編昨日、後編本日と2日にわたっての放送だ。 ポール・ニューマンとマックイーンの共演は当時話題だったけれど、この2人は本当にかっこいい。身を乗り出してみてしまう。昨今の役者にはないこのカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「べにふうき」

1週間前 恩師にあたる方のご友人から「べにふうき」という紅茶を頂戴した。 昨日初めて頂いてみた。まずストレートで頂戴する。癖がなくて、西洋の紅茶とは一味違うおいしさだった。それで午後は豆乳でミルクティーにした。これもまた美味だった。 ウィキペディアで調べてみたら、この茶葉は花粉症に効くらしい。おいしくて、花粉症にもいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑記

いつもはー 集中仕事の時は、公休日返上で仕事をしていたが、昨日は少し休んだ。目が真っ赤に充血して、目を閉じると、痛むのだ。それでPCの画面をみる時間を減らした。 最近わりとみているソン・スンホン主演の韓流ドラマをみながら(なんだ。テレビはみるのか)、30年前のセーターの毛玉取りをした。 それにしてもこのドラマかったるい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『半沢直樹』最終回をみる

昨日の記事に追記をしました。 さて、昨夜の『半沢直樹』の最終回。私はちょっと拍子抜けした。フラストレーションがたまって終った。「半沢直樹2がありますよ」がミエミエな、なんというか、「ああ、そう来たのね」という、終わり方だった。 ストーリー的には納得いかないわけでもない。結局銀行とはあんなものなのか、と思う。ああまで手柄立てて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パユVS半沢

台風による雨風が強くなってきた。 首都圏の在来線もJR,私鉄とも遅延、運行中止と次々報道されている。 今朝は4時から目が覚めていて、ラジオを聴いたり、ごそごそ片付け物をしたり、していた。寝ていられなかった。これからが関東は台風のピークらしい。 ゆうべ、お風呂から出て、「さあー『半沢直樹』をみるぞ」、とテレビのスイッチを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more