雑記。

今朝は朝食とりながら、ゴルフのUSオープンをみていた。二日目で、ウッズは予選落ち。松山がいい。7位タイで、トップと4打差。解説の丸山プロがビッグチャンスがありそうだと言っている。 ‟松山英樹が7位Tに浮上、石川遼と今平周吾も決勝進出 首位にP・リード、T・ウッズ、金谷拓実は予選落ち” https://news.yahoo.co.…

続きを読むread more

よく歩きました。半年ぶりに図書館も。

きのうは4丁目にある(4丁目って言ったって銀座じゃないですよ。匿名で書いててどこの4丁目なんだよって、はなし)日立の電気屋さんに洗濯機の糸くずフィルターを買いに行き、その通りにある、いつも行くパン屋さんでパンを買い、その足で図書館まで行った。 こんなに長い距離を歩くのも、図書館に行くのも、半年ぶりである。よく歩いた! 図書館…

続きを読むread more

下調べ。

来月の会議の資料が送られてきてそれを検討していたら、調べることがたくさんでてきた。これは国会図書館に頼まないとなあと思っていたら、「法律時報」という、いかにも地味そうな専門雑誌がわたしがいつも使う図書館にあることがわかり、「やるじゃーん」と喜んでいた昨日。 さて、コピーをどうとるか?と考える。コロナ禍になって大量のコピーをとったこ…

続きを読むread more

エアコンのフィルター洗う。

ずいぶん朝晩涼しくなった。夜はエアコンをつけずにすむようになったので、今朝エアコンのフィルターを久しぶりに洗った。掃除機ではとりきれない汚れを歯ブラシでごしごし洗い外干しした。 「施されたら施し返す恩返しです」の様子を傍観するしかなかった昨日。夕食後に注文していた本を駅ビルに取りに行った。 またの名をグレイス(上) (岩波現…

続きを読むread more

今朝の1枚。

今朝の1枚は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番。 Rudolf Serkin Plays Beethoven Concertos - Serkin, Rudolf ゆうべのFMで、中村紘子さんと東京フィル、指揮は広上淳一さんで、この曲を聴いた。もう一度聴きたくなって、ゼルキン&フィラデルフィア管、指揮はユージン・オーマンディの…

続きを読むread more

マイケル・J・フォックスの2本。

マイケル・J・フォックスといえば『バック・トゥ・ザ・フューチャー』なのだろうけど、もう一つ人気なのが「バラ色」の2本じゃないのかな。久しぶりに深夜地上波で2週連続で放送されたので録画しておいた。 『摩天楼はバラ色に』 摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に (字幕版) - マイケル・J・フォックス, ヘレン・スレイター, リチャード・…

続きを読むread more

素晴らしいラルス・フォークトのバッハ。

「自助・共助・公助」なんて言ったら、「○○さん(わたしのこと)なんて死ななきゃなんないじゃん」と言われた。「そうですよ」と答えた。そんなのわかっているよと、だからどっかで自分で自分の始末をするつもりで生きているんだ、と心の中でつぶやいた。 これわたしにとっては「パワハラ」だ。わたしはところどころでこういう「えっ?」という「パワハラ…

続きを読むread more

シスターフッドの教え

母がしばらくぶりで夢にでてきた。わたしと母はどこかへ旅したようで、行った先のジューススタンドで、わたしはキウイフルーツとメロンのジュースを飲んだ。すごくおいしくて「おいしい」と思わず言っていたような場面だった。あとは覚えていない。 最近読んだ朝日の連載記事は勉強になった。よかった。  「シングルマザーと永田町 女たちの税制革…

続きを読むread more

母の誕生日。

きょう9月9日は亡き母の誕生日だ。都心のクリニックに行ったので、目を付けていたケーキ店でケーキを買って、お供えした。 初めて入ったお店。入ってみて「あれ、ここ一見さんだめなの?」という構えだったが、「みてもいいですか?」という(杖をついている)わたしをみて、スタッフの方は親切だった。 ザッハトルテがメインらしいけど、…

続きを読むread more

『半沢直樹』生放送。

『半沢直樹』の8話の放送が、Covid19の影響で、放送延期。ゆうべは堺さん以下メインキャストが揃っての生放送だった。司会は安住アナ。韓国ドラマではけっこうNG集とか放送の裏話がオンエア中も聴けたりするけど、日曜劇場のこういった企画は異例らしい。 今朝の朝日デジタルより。朝日のスクープみたいだけど。 「日産の融資に政府保証1…

続きを読むread more

「人生いろいろ」と従姉が言った(修正版)。

たまたまyahooのトップページにあった見出しをみて、なんとなく読みはじめた「旧華族」の女性たちに関する記事。読んでびっくりした。記事は、何人かの旧華族の女性についての戦後の人生を追ったレポートなのだけど、その中の一人として取り上げられていた女性は、わたしの遠縁(祖母の姉の孫にあたる)の男性と結婚した人なのだ。 もう50年以上前の…

続きを読むread more

近くの紅茶店とフィリップ・K・ディック。

朝食おえて、洗濯物干して、FMつけたら、ラフマニノフの交響曲2番が流れてきた。実は今朝からまたdepressionモードだったのだが、この曲が流れてきたら、ふわーと心が和らいで、温まってきた。やわらかい交響曲なんだよねえ。いいよねええ、と思う。 ラフマニノフは日常的には聴かない。毎日聴くのはモーツァルト、バッハ。ラフマニノフの音楽…

続きを読むread more

恐ろしい台風。

Wで台風が来ると、からだが途端に動かない。昨日はほぼ1日寝ていた。夕方になり、歩いたほうがいいだろうと、むりむりふらつく頭とからだをおして歩く。 ことしはまた台風が多く発生し、それも勢力が大きいらしい。週末は関西上陸と報道。関東はこれからだろう。去年はほんとうに怖かった。災害にあった方には申し訳ないことだが、あの程度でも、ほんとう…

続きを読むread more

ケン・ローチ監督作品『わたしはダニエル・ブレイク』のメモ。

まだみおわったばかりで、整理して書けるわけでもないのだけれど、ちょっとメモ書き。まあ、胸がしめつけられる映画だった。映画だけど、英国の現実をケン・ローチ監督は描いたのだ。 英国の貧困問題。福祉の給付金や失業給付金をもらうまでのハードルの高さにまず驚かされる。あちらの福祉のほうが病気した時、障害者になったときは、サービスがスムーズに…

続きを読むread more

今朝の1枚。

今日は9月1日なんだ。朝エアコンをつけなくても室温26℃という快適さ。とはいえ、昨日の午後から具合悪くて夜は読まねばならない本を読んでいたら、もうだめで、横になってそのまま寝た。 今日も頭は重いしだるいけど(体温36度)、洗濯をし朝食を作る。朝の森本さんのラジオでのこの内向き状態の話で大いに笑う(笑うしかないよね、蚊帳の外)。 …

続きを読むread more

マイケル・マン監督作品『パブリック・エネミーズ』をみる。

テレ東の「サタ・シネ」で洋画を録画して日曜昼間にみるのがいまのもうひとつの楽しみ(もう一つというのは「半沢直樹」があるから)。昨日はマイケル・マンが監督しジョニー・デップとクリスチャン・ベールが主演した『パブリック・エネミーズ』をみた。 これが見始めたらやめられなくなり、最後まで食い入るようにみてしまった。やっぱりわたしなんかでも…

続きを読むread more

頭に鳴り響くものは

オースターの『ブルックリンフォリーズ』で、ある人の告白が佳境に入った場面を読んでいたら、頭の中ではBGMが勝手に鳴り響いていた。曲は『半沢直樹』の怒涛の場面で流れるあの音楽。どうなるんだ?どうなんだ?とハラハラどきどきするときに、あの音楽が流れるように、脳が仕組まれてしまった。 ブームである。わたしだけじゃあない。テレ朝の朝の4時…

続きを読むread more

歴史の1日。

長い政権が終わった日。14時過ぎに速報が出てから、テレビはそれ一色。15時に発表される感染者速報もでない。わたしはそれらをみながら、支度をして、16時にタクシーを呼び、漢方内科へ向かった。 漢方内科は患者さんが誰もいない。おかげでわたしは先生とあれこれ長話できたけど、その長い診察が終わっても、誰も待合室にいない。「きっとみんな17…

続きを読むread more

首相、お疲れ様でございました。

【速報中】安倍首相、辞任「月曜に自分一人で判断した」 https://www.asahi.com/articles/ASN8X2T4XN8WUTFK01C.html 長い間お疲れ様でございました。病は違えど、闘病中のひとりとして、今後の治療が功を奏すこと祈ります。

続きを読むread more

前のめり人間。

前のめり人間であることが害になることもある。これが害になるか、功を奏するか。 まとまらないので、書きたいことリストだけあげておくことに。 1.映画『クレイジーリッチ』の感想 2.1にかかわるのだけど、ナラティブセラピーがいうところの、個人を文化的文脈においてみるということ。 3.読んでいる本のこと。オースターの『ブルック…

続きを読むread more