CSカナリヤ闘病記-回復をめざして

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年3月17日

<<   作成日時 : 2016/03/17 09:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こちらの

本。FBで紹介されていたので読んだ。面白い。

著者は4浪して、京大経済学部入学、LDの疑いも自身もっていて、学習面で苦労した様子がよく書かれている。京大卒業後電通マンとなったが、地下鉄サリン事件で被害を受ける。

若い時から人の生死をみ、自分が死ぬはずだったのに別の人が亡くなったと言う状況に出会っている。サリン事件を契機に電通退社し、二つの夢をかなえ、映画監督としてカンヌで賞を受賞している。その道も平たんではない。

こういう人をコメンテーターにしてみろ、と思う。だいたいどの番組も情報番組のコメンテーターは同じ人ばかり。同じような人が各局掛け持ち。「え、この人こっちも出ているの」みたいな、あれも不思議。

だから見ない。

本読んでたほうがずーっといい。孤独が癒されるのは音楽と本。たまにドラマ。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サリンとおはぎ ~扉は開くまで叩き続けろ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



月別リンク

2016年3月17日 CSカナリヤ闘病記-回復をめざして/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる