2016年4月17日

横殴りの

雨が降ってきた。

昨日の話のつづきの、どうでもいい内輪話。

どこもマンモス大学はそうだろうが、W大はO講堂で4回に分けて入学式をしたそうだ。私の従姉の孫は最後の部で夕方に入学式があって、彼の両親も出席した。私は高校の卒業式以降親が学校の入学式や卒業式に来たことはないので、へぇーと思う。

一人っ子で跡取り息子というのは大切にされるのだろう。T大が第一志望だった彼だが、そこは不合格。KとWには両方合格していて、すんなりWに決めたのは、校歌を家族全員が知っていたからだという。なんだかとっても素朴で愛らしい理由である。

何はともあれ「おばあちゃん」の死と引き換えの場である。祖母の死の間際に彼は受験をこなしていたのだ。そういうことって人生にある。ドキュメントでそんなこと見た気がする。

祖母とか祖父が死んだ直後に孫が生まれたとか。そんな話。

熊本で地震があってから、連日宮崎の友人と電話で話している。彼女は高齢者施設勤務なのだが、明日から給食に出す牛乳とパンが足りなくなると言っていた。熊本の業者から配達してもらっていたそうなのだ。とりあえず近所で調達するが、物流がだめだから、この先どうなるかとー。

もっと書きたいことがあった気がするが、まとまらないので、ここで。