CSカナリヤ闘病記-回復をめざして

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年4月27日

<<   作成日時 : 2016/04/27 09:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日、

1,2時間ほどでこれ読んだ。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 運命―農奴から東大教授までの物語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




以前から彼には関心があった。なぜかというと、数年前に「くまもん」がハーバード大学に登場みたいなニュースをやっていて、なんだそれはと思ったら、となりにやけに英語がぺらぺらなおじさまがいて、それが熊本県知事だっていうんで、へぇーと思っていた。

後になって、彼が県知事になる前は東大法学部の教授で、そもそもは高校卒業後は熊本の農協職員をやっていたのに、ひょんなことからアメリカの大学に行き、ハーバードの大学院を苦労してでたという話を知った。

それで前から読もうと思っていたのがこの本で、この時期になってしまったのだ。

あっという間に読んでしまった。立身出世物語と言ってしまえば、それまでだが、夢がいっぱい詰まっている青春の本でもある。

いまはいろいろ叩かれているている面もあると思うし、私には想像できないほどの厳しい局面に立ち向かっているはずだ。

しかし、彼が東大教授時代に書いたこの本を読むと、彼が生まれ育った熊本をどれだけ愛しているかが伝わってくる。

月別リンク

2016年4月27日 CSカナリヤ闘病記-回復をめざして/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる