CSカナリヤ闘病記-回復をめざして

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年5月17日

<<   作成日時 : 2016/05/17 17:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は、

28年度第一回目の研修会。雨の日だったが、なんとか無事行って戻ってきた。

昼ご飯をアスターで食べた。肌寒いのに無性に冷やし中華が食べたくなってのこと。ちなみに、アスターでは「五目冷麺」と呼ぶ。

隣の席では80歳は過ぎたであろう紳士が二人で食事をしている。二人ともピシッとネクタイにスーツ。会話を聴いていると、どうやら二人は慶応の同級生らしい。

二人とも「やっぱり東大に行きたかったけど、入れなかったなあ」と慶応だったのが不服な様子だ。その年でもその悔しさは残るのかと、興味深い話なので、引き続き、五目冷麺待ちながら、聞かせてもらう。

話は同窓の誰それがどうしたという話。どうやら片方の紳士は某チェーンホテル(蒲田にもある)のオーナーらしいのである。

誰それは「どこの大学?」と片方が片方に聴く。聞かれた方が「あれはN大か、M大だろう。早慶や東大っていう雰囲気はないもの」と言い放っていた。その辺の差別化すごいなあ。

あとはゴルフトーナメントの話をしきりにしていて、皇族のだれのだれの親戚というところで、宮家の名前を二人とも思い出せないで、苦しんでいたから、よほど教えてあげようかと思ったけれど、さすがにそれはやめておいた。「あれは京都大学の西田哲学の西田なんとかの孫なんだよ」と言っているので、そこも「幾多郎ではないですか」と言いたくなってしまった。

寂しいせいで、誰かの話に入りたいのだろうか→私。

そこに冷麺が来た。豪華でおいしい冷麺。仕事の後のご褒美である。

月別リンク

2016年5月17日 CSカナリヤ闘病記-回復をめざして/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる