CSカナリヤ闘病記-回復をめざして

アクセスカウンタ

zoom RSS ガッキーのよさがわかる映画「ミックス。」

<<   作成日時 : 2018/10/21 19:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

よる

眠れなくて困るときに重宝するのが撮りだめしたドラマとか映画の録画。これを夜中どうにもこうにも寝られないというときにみるのだ。

だからたいしてみたくない、趣味でもないものも、洋画邦画問わずとりあえず録画する習慣がついた。といっても我が家は地上波オンリーだからそんなに選択肢はない。それがかえって助かってもいる。

さて今日は昨日地上波初登場という新垣結衣、瑛太W主演の映画「ミックス。」をみた。これが意外によかったのですよ。奥さん(⇒誰のこと?)。

私は途中泣きました。笑い泣きさせてくれる映画です。

ラブコメ+スポ根性が「ミックス」した映画といえるから「ミックス」なのかと思ったりするけど、そうではなく、卓球のミックスダブルスを組んだ人々の人間ドラマがテーマだから「ミックス。」。

主演はこの二人だが、脇がいい。広末涼子、蒼井優なんてこの人たちだけで主演はれるだろうにわき役でいい味だしている。そのうえまだ「半分、青い。」に出る前の永野芽衣ちゃんがガッキーの敵役みたいな嫌な女ででているのも一見に値する。

ガッキーの演技を通してみたことがなかった私にはガッキーがこれだけ人気があるのがやっとわかった映画だった。

なにしろなんのヘンテツもない田舎っぽいコーディネートでもアディダスのスポーツウェアでも彼女が着るとかわいいのだ。これって大事なことだ、と思う。そして泣いても、笑っても、葛藤して悩んだ顔でも、愛らしい。

今日は疲れたのでまた詳細は後日書けたら書くことに。といってもあらすじはよくある内容だけど...人でみせている映画なんだろうなあ。






ミックス。 通常版DVD
ポニーキャニオン
2018-05-02
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



月別リンク

ガッキーのよさがわかる映画「ミックス。」 CSカナリヤ闘病記-回復をめざして/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる