『花晴れ続編』はないのか!?

去年の夏ごろブログで「続編を~」と叫んでいたTBSドラマ『花のち晴れ』の続編はもう絶望的だな、というニュースが昨日出た。花晴れの主演だった杉咲花さんが来秋のNHK朝ドラのヒロインに選ばれたからだ。

あ~あ。花晴れ続編を希望するファンの活動はTBSに届かなかったかあ。なんなら自民党の小渕優子議員にロビー活動すればよかったのかもなあ、などと思う。『花晴れ』の総合Pは小渕議員のお連れ合いである。

などとふざけたこと考えていたら、法相辞任のニュースがNHKで速報流れた。

続編希望のTwitterは阿鼻叫喚状態。花ちゃんが朝ドラのヒロインに抜擢されたのはうれしいけど、これで『花晴れ』の続編はないんだな、ということで。

この秋のドラマは、TBSの『グランメゾン東京』とフジの『シャーロック』と『まだ結婚できない男』『4分間のマリーゴールド』を録画してみている。

グランメゾン~は天才シェフの再起をかけた戦いで、いまのところ離れていった同僚をひとりひとりオルグっているところ。

昨日は都心の病院に定期通院ででかけた。帰りに近くの松屋銀座でなだ万のお弁当買おうと思っていたが、めまいがでて、医者にも「とにかく無理しないで季節の変わり目を乗り切って」と言われて、歩くのもしんどいので、病院だけで帰ってきた。

有楽町駅では尾上松也、ロバート・キャンベルさんたちのイベントがあるみたいだった。

しかし、いまの若い人には悪いけど、私なんて30年前以上の学生でよかったわ。だって文科大臣から「身の丈」なんていわれたら、大学行けなかったからね。「身の丈」から言ったら「お前が大学行くなよ」ってことだから。「身の丈」ってそういう言葉だ。


新自由主義ってこういうこと?